瓦・屋根・お住まいのことで“困ったら”
屋根のプロ集団におまかせください!

下の写真のような症状はありませんか?

点検無料!お問い合わせはこちら!

フリーダイヤル 0120-492901
メールで問い合わせる

どんな症状でお困りですか?下の写真からお選びください


施工事例

【症例①】室内への雨漏り

まずはどんな時に雨漏りするのか? 少しの雨でも漏るのか?吹き降りの時だけ漏るのか? 室内のどこに雨が漏ってきたのか? 天井の真ん中なのか? 端の壁際なのか? などを確認します。
雨漏り箇所の真上が一番怪しい場所になります。
雨漏りにも様々な原因があります。まずはお気軽にご相談ください。

強い雨の時だけの雨漏り

見た目は全く問題なさそうですが、

瓦をはがしてみると雨侵入のシミがありました。

壁際の防水紙の立ち上げが少なく板にシミが あり風の勢いで雨が侵入したと考えられます。

既存の瓦を一度はがし葺き直しを行います。

新たに防水紙を敷き桟木を打ち直し瓦を葺き直します。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例②】瓦が割れている

雨漏りの直接の原因にもなります。まずはお気軽にお問い合わせください。

窓から見える場所であれば気付くのですが。

2階や窓から見えない場所では気付けません。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例③】漆喰が落ちている

漆喰がなぜ落ちたのか?棟の状態により棟の取り直しが必要な場合があります。
まずはお気軽にご連絡ください。

漆喰塗り直し

本棟の漆喰が落ちてしまっています。棟に問題はないので新たに漆喰を塗り直します。

既存の漆喰を全て落としました。棟土が太く 雨があたりやすい状態でしたので土も削りました。

新たに漆喰を雨があたりにくく強度を保てる 位置で塗り直しました。

棟取り直し

隅棟の棟土が太く漆喰が落ちています。のし瓦がズレてしまっていますので取り直しを行います。

既存の隅棟を崩し新たに隅棟を取り直します。

新たに隅棟を取り直しました。

棟の仕舞い漆喰塗り

棟違いの本棟にはこのような部分が出来ます。仕上げのコーキングが紫外線で劣化しています。

新たに漆喰を塗り下の瓦との接続部分にはコーキングを塗り漆喰を守ります。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例④】軒先にシミがある

軒先にシミがある場合にも様々な原因があります。
まずはお気軽にご連絡ください。

谷板金交換

防水紙がしっかりしている場合、室内には漏らず軒先でのシミで屋根の問題を発見できます。

谷板金に穴が開いている場合どんな雨でも水が集まる場所なので雨漏りします。

谷板金交換の為、周りの瓦をはがして 棟をくずします。

既存の谷板金を撤去し新たに谷板金を取り付け周りの瓦を戻します。

周りの瓦を戻し、棟も取り直しました。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑤】瓦の釘が飛び出ている

古い年式の物は釘ではなく銅線のみで固定されている場合があります。
まずはお気軽にご連絡ください。

棟取り直し

冠瓦のみで棟を施工されている際によく見かける状態です。固定不足で強風には耐えられません。

下地となる木材が雨水の侵入で腐食し、固定していた釘が効いていませんでした。

一本棟を撤去し新規に下地となる木材を固定する金具を施工しました。

新規に下地となる木材を金具に固定し、シルガードで下地となる木材を囲い一本棟取り直しを行います。

ステンレスビスで冠瓦を固定し工事完了です。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑥】セメント瓦の劣化

瓦から板金、板金から瓦へ各種屋根材を取り扱っております。
まずはお気軽にご連絡ください。

葺き替え工事(セメント和形から立平葺き板金)

セメント瓦は塗装が落ちてしまうと雨水を吸ってしまいます。

長年塗装されておらず雨漏りしていましたので板金に葺き替えの為すべて撤去しました。

野地の補修を大工さんにしていただき新たにルーフィングを敷き縦葺き板金を施工しました。

本体板金施工後棟包み板金の施工を行いました。

雪止めのアングルを金具で固定し工事完了です。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑦】瓦がズレている

ズレ方次第で落下、雨漏りの原因になりかねません。
まずはお気軽にご連絡ください。

固定が不十分でズレている場合、落下の可能性がありとても危険です。

極端にズレていると雨漏りの原因になります。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑧】軒の瓦がズレている

大雪の際に多く見られた現象です。いまだに 気付かれずズレているお宅も見かけます。
まずはお気軽にご連絡ください。

軒瓦のズレも落下、雨漏りの原因になります。

軒瓦を固定している銅線が伸びてしまい ズレてしまっています。

ズレがひどかったので周りをはがしてみたところ 全く固定されていませんでした。

軒瓦つけ直し工事

下地となる桟木がしっかりしていたのでステンレスビスで軒瓦を固定し直しました。

新たに桟木を打ち直してステンレスビスで固定し直しました。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑨】カラーベストの劣化

今回はカラーベストから横葺き板金への葺き替え工事でしたが、 各種屋根材取り扱っております。
まずはお気軽にご連絡ください。

カラーベストから横葺き板金

経年劣化によるひび割れがひどく補修では厳しい 状態の為、葺き替え工事を行います。

施工前 本体の色あせヒビなど劣化が進んでいます。カラーベストから横葺き板金に葺き替えます。

既存の本体を全て撤去して新たに防水紙を敷き隅棟板金の下地を施工しました。

本体をビスで固定しながら施工を進めました。

施工後 残りの本体を施工し本棟板金を取り付け葺き替え工事完了です。

カラーベストカバー工法

築年数の古いカラーベスト、フルベストにはアスベストが含まれています。カバー工法でそっとフタをするのか、思い切って撤去するのか。
まずはお気軽にご連絡ください。

既存のカラーベスト本体を撤去せずに横葺き板金を施工します。

施工前 カラーベスト本体の塗装が落ちひび割れがひどく雨漏りしていました。

防水紙を敷き横葺き板金をビスで固定して施工していきます。

雪止め金具を取り付け本体の施工を進めました。

施工後 棟包み板金を下地木にビスで固定しカバー工法による葺き替え工事完了しました。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑩】板金屋根の劣化

各種板金屋根にも対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください。

板金屋根のサビが進み塗装でも厳しい状況です。葺き替え工事を行います。

既存板金屋根を撤去し新たに屋根板、防水紙を敷き立平葺き板金を施工しました。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑪】雨樋の変形・破損

一軒全ての雨樋交換、樋掃除などメンテナンスも承ります。
まずはお気軽にご連絡ください。

雪の影響で軒樋が変形してしまいました。軒受け金具の破損の為交換工事を行います。

軒樋、金具、集水器、竪樋の交換工事完成です。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑫】波板の劣化

波板交換と共に骨組みの塗装、補修などもよくご相談をいただいております。
まずはお気軽にご連絡ください。

経年劣化による変形の為、交換を行います。

新たにクリヤー色に張り替えました。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑬】葺き替え

お客様のご希望に合わせ様々な瓦にて葺き替え工事をご提案させていただきます。
まずはお気軽にご連絡ください。

セメント和形から洋瓦

セメント和形から洋瓦へ葺き替え工事を行います。

壁際のし瓦、桟瓦の撤去を勧めました。

5.5ミリベニヤ板を増し張りし野地の補強を行いました。

防水紙、桟木を施工し洋瓦葺きを進めました。

桟瓦を葺き壁際雨押え板金を新規に施工し葺き替え工事完了しました。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑭】葺き替え

お客様のご希望に合わせ様々な瓦にて葺き替え工事をご提案させていただきます。
まずはお気軽にご連絡ください。

土瓦から陶器瓦和型

土瓦から陶器燻し色和型へ葺き替え工事を行います。

既存瓦降ろしを行いました。

新たに防水紙、桟木を施工し瓦あげを行いました。

平葺きを行い棟取りを進めました。

棟取りが終わり葺き替え完了です。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


【症例⑮】各種工事

リフォーム工事、リノベーション工事、その他各種工事に対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

折半屋根の施工も行います。

CBウォール工法にて外壁の施工も行います。

ケイミューsoridoを使用しての内装壁工事も行います。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


(有)一ノ瀬瓦工業は山梨県の屋根業者です

相談・見積無料!困ったことがあればお気軽にご連絡ください

建築業界でよく『家と人間は一緒』と言われます。
例えると屋根のメンテナンスは歯の治療と似ています。
虫歯を早期発見出来れば痛みも少なく短時間で治療が終わります。発見が遅くなるとみなさんご存じの通り、痛みを伴い最悪な場合、歯を抜いたりと通院に時間とお金を取られます。
家の中でも、特に屋根は過酷な条件の中家を守っていますが、なかなか目につきにくい場所です。メンテナンスをせずに放っておくと、気付いた時には大きな工事無しでは修復不可能な状態にもなりかねません。
大事な家の、大事な屋根のために。
山梨県内の方は、屋根の無料点検を実施しています。山梨県内はもちろん、山梨近県の方もぜひお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらから

ご相談から解決までの流れ

無料点検を今すぐお問い合わせ


多くの人に選ばれる理由

長年の実績

(有)一ノ瀬瓦工業は1916年に創業。
多くの方々から工事依頼をいただき様々な屋根に携わらせていただいた数、つまずいた数、成功した数がデータとしてしっかりと受け継がれています。
このデーターを基に創業100年を超えた今もなお、日々多くのお客様の 屋根に携わらせて頂いています。

確かな技術力

屋根のプロによる柔軟かつ的確な対応!
屋根のトラブルに対処するには、家の作りなど屋根以外の知識も必要です。
100年以上の実績によって蓄積された屋根工事の知識と技術で、美しく長持ちする屋根の施工はもちろん、あらゆるトラブルにも対応が可能です。
また海外実績もあり、名門イェール大学のプロジェクトを始め、アメリカ各地でのプロジェクトにも参加し、世界にも認められた実績を誇ります。

安心の明朗会計

お客様からの追加工事依頼がない限り見積書以外の追加請求は一切いたしません。 かかる費用は見積書どおり!
工事中に工事経過が見れたり(瓦楽舎日記)、工事内容をわかりやすく説明いたします!


ご相談から解決までの流れ

Step1:お問い合わせ・無料相談

屋根のトラブルは時間が経てば経つほど被害が大きくなります。雨漏りしている場合はもちろん 瓦のズレ、漆喰の剥離、古くなってきたときにもご相談ください。 電話とメール、どちらでも対応いたします。

Step2:現地調査&無料お見積り

お客様のご予定に合わせてお伺いいたします。 現場を確認し最適な作業を提案いたします。
お見積に納得いただけたら、後日施工に取り掛かります。

ここまでは無料です!

Step3:着工!

ご依頼いただきましたら屋根のプロ集団が責任を持って作業を行います。
施工中に疑問、質問などございましたらお気軽にお声掛けください。

工事状況を楽々確認できて安心です!

工事にお伺いした際にブログカードをお渡しさせて頂いています。
屋根の上での作業はお客様には見えない部分が たくさんあります。工事中毎日の作業内容をブログにてご確認 いただけますのでご安心ください。
瓦楽舎日記 garakusya.exblog.jp

Step4:解決!

工事内容によって工期は様々ですが、工事終了と共にお客様の屋根に対する問題は無事に解決いたします。


お客様の声

お客様の声は弊社スタッフ一同、非常に励みになっております。工事のご感想や、ご意見ご要望、お気づきの点もございましたら、どんどん声をお聞かせください!

お客様の声 笛吹市・M様

2018年9月4日の台風21号で築31年の屋根の瓦の隙間から雨漏りがして居間の天井に染みができてしまい、一ノ瀬瓦工業さんに電話を入れて事情を説明したら、素早く来ていただき修繕していただきました。
2018年9月30日の台風24号でも屋根から天井に大量の雨漏りがして、天井の補修工事をしなくてはならないくらいの雨漏りでした。一ノ瀬瓦工業さんへ電話をいれたら天井を修理していただける業者様と一緒に来ていただき、親切丁寧に対応していただき、屋根・天井の修理も無事に終わり、本当に感謝しております。
これから先も、困った事があるときは是非お願いしたいと思っております。これから先も末永くよろしくお願いいたします。(笛吹市・M様)

先日はお忙しい中、私共の実家の屋根を修理していただき、本当にありがとうございました。
暑い中、夜遅くまで精魂込めてお仕事していただき、心から感謝申し上げます。
おかげ様で、梅雨も台風の時期も安心して迎えることができます。
これからも更に暑く大変な時季を迎えますがくれぐれもお身体に気をつけて、お仕事にお励みください。(笛吹市・O様)

前略
この度お願いいたしました、雪害瓦工事 無事完了!
本当にお疲れ様でした。
誠心誠意、プロの集団のお仕事に満足しております。
DVDでも確認させていただきました。
風雨のたびに落ちてきていた漆喰・・被害が大きくなる心配がなくなりました。ありがとうございました。
思えば雪害に合わせてネットで探した業者さんが一ノ瀬瓦工業様でした。
運のいいご縁に感謝です。
どうぞいいお年をお迎えください。(山梨県・H様)


お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

※ 弊社からのメールinfo@ichinose-kawara.jpを受信できるよう、メールの受信設定をご確認ください。


会社概要

会社名(有)一ノ瀬瓦工業
連絡先山梨県笛吹市石和町松本829-4
電話055-262-2771(代)
フリーダイヤル 0120-492901
URL https://ichinose-kawara.jp/
営業時間月〜土 8:00〜18:00